更年期障害をよく知って上手に乗り切りましょう。症状や原因、対処法

ある程度の年齢の女性なら、のぼせるとか体がほてる、
ドキドキするといった症状が出て困っていたら、
更年期障害だったという経験をされた方もいるでしょう。
更年期は閉経前後の約10年間のことですが、
この時期に起こる心身の不調を更年期障害と言うようです。

意外なことですが、若い女性もまた男性でも
更年期障害は起こることがあるという話も聞きました。
そこで今や誰にでも起こりうる更年期障害についてよく知って
対処法を覚えておくことは大事なことかもしれません。

更年期障害の特徴

症状

だいたい50歳前後の女性の更年期に現れる症状として多いのは

肩こり、 疲れやすさ、 頭痛、 のぼせ、 腰痛、 汗をかく、 不眠、 イライラ

皮膚掻痒、 動悸、 気が沈む、 めまい、 胃もたれ、 膣乾燥感などがあります。

原因

加齢や女性ホルモン「エストロゲン」の急激な減少でホルモンのバランスが崩れること
が原因ですが、ほかにも心理的な要因、たとえば子育てが大変で悩みがあるとか、
親の介護で苦労しているなどがあります。
また仕事が大変とか家族関係などの環境の要因も考えられるので、
一種のストレス性疾患とも言えるようです。

女性ホルモンは脳の指令により卵巣から分泌されますが、
卵巣の機能が衰えるためにホルモンが出せなくなり、
指令を出す脳がパニック状態になるために異常な発汗やイライラやめまいなどが
起こるわけです。

最近、若い女性でも若年性更年期障害に悩んでいる人がいるようです。
20代、30代でも更年期障害と同じ症状が出ることがあるので
若いからと安心してはいられません。
無理なダイエットやストレスの多い環境で不規則な生活を続けると、
女性ホルモンのバランスが崩れることとがあるからです。

スポンサーリンク

あまり知られていませんが男性でも更年期障害になることがあります。
男性の場合には男ホルモン「テストステロン」が減少することで
女性の更年期障害とほとんど変わりない症状が出ることがあります。
また脱毛やEDなどの症状の他、仕事や趣味もやる気が起こらないといった状態になることも
あるようです。
ある著名な男性が数年間更年期障害に悩まされ、
ようやく回復しましたというニュースを見ましたが、
同じ悩みを抱えている男性は案外いるのではないでしょうか。

更年期障害は中年の女性だけの問題ではなかったのですね。
若い女性でもまた男性でも気を付けなくてはならにわけです。

更年期障害の対処法

更年期障害の対処法としては次のようなものがあります。

ホルモンを増やす

減少した女性ホルモンや男性ホルモンを増やすには、
食事、運動、睡眠に気を付けるのがいいようです。

食事で納豆や豆腐、豆乳などの大豆、大豆製品を積極的に摂るようにしましょう。
男性の場合は亜鉛を多く含む牡蠣やシジミを食べるのが効果的です。

運動するとストレス解消と共にホルモンを増やす効果があるので、
ウオーキングやストレッチなど有酸素運動を心掛けましょう。

質の良い睡眠は女性ホルモンや男性ホルモンを増やすので、
できれば夜は10時ぐらいには遅くとも12時までには寝るようにしたいものですね。

薬物療法

更年期障害を本格的に治療するには薬を飲むことも必要です。

病院で診察を受けて、ホルモン補充薬、漢方薬、抗うつ薬、
抗不安薬など適切な薬を処方してもらいましょう。

心理療法

うつや不安が強い場合は、臨床心理士に、ホルモンの影響なのか、
ストレスの影響なのか調べてもらって、適切な治療を受けることが必要なこともあります。

まとめ

更年期障害は主に閉経前後の女性に起こる心身の不調のことですが、
女性ホルモンの減少が原因のようです。
若い女性でも男性でも起こることがあるので、のぼせ、ほてり、イライラなどの症状が
あるときは更年期障害かもしれません。
必要に応じて病院を受診して薬を飲むと共に、食事、運動、睡眠に気を付けて、
健康的な毎日を送りたいものですね。

スポンサーリンク