デッドスペースを上手に活用して快適な暮らしをしよう

断捨離が話題になるほど現代人はたくさんの物を持っていますね。
不要な物を片付けてすっきり、きれいな家に住みたいと誰でも考えると思います。
でも、いくら不要なものを処分して、必要最小限なものだけにしても、
それなりに収納場所を確保しなければ、
いつまでも部屋に物が散らかった状態は解消できませんね。
そこで普段あまり活用されていなデッドスペースを積極的に利用する方法を紹介します。
まずは家の中の最後のデッドスペースとも言われる
押入れと台所の吊戸棚とシンク下の活用法を紹介します。

押入れの活用法

もし自宅に一間の広い押入れがあったら、これは相当幸運です。
雑然と布団や使わない衣服が積んであるのだったら、思い切って全部出して、
収納力をアップさせ、しかも取り出しやすく入れ替えをしてみましょう。

まず二段になっている押入れを上下に分けて入れるものを考えます。
もしお客様用を含めて、大量の布団があって、全部のスペースが必要ならば、
せめてお客様の布団は圧縮布団袋を使って薄くすれば半分ほどのスペースで済みます。
ただ圧縮袋は傷みやすく、ちょっとでも傷がつくと次回は圧縮することが出来なくなるので、簡易な方法としては布団を半分に折って、くるくる巻いて、
上下を古いストッキングをひもにして結わけば、扱いやすくなります。
じゅうたんのように巻いた布団を押し入れの上段に積み上げると出し入れは
非常に簡単になりスペースも無駄になりません。
布団は湿気を吸いやすいので、できるだけ上段に入れたいですね。

下段に空きができれば、引き出し式の収納ボックスを入れて、
普段使わない衣類やお客様用のシーツやタオル、パジャマなどをしまうのにぴったりです。
普通の衣装箱を積み重ねると出し入れが大変で、
不要になったものでも入れっぱなしになりやすいので要注意です。

コロ付きの押入れ用の本棚を入れて、文庫本やコミックをしまうこともできます。
また季節ごとに使う扇風機やヒーターなどの収納場所にするのもいいですね。

スポンサーリンク

できれば下段の一部はフリースペースにしておいて、
お子さんのおもちゃを一時的に片付けたり、急なお客さんがあった時に、
リビングに散らかった物や今取り込んだ洗濯物などを一時保管する所とするのもいいですね。

台所の吊戸棚とシンク下の活用法

台所はいわば主婦のホームグラウンドですから、
愛用の食器や料理道具をきっちり収納してしかもいつでも
取り出して使えるようにしておきたいものですね。
ただ狭い台所だとどうしても物が出しっぱなしになってしまいがちです、
そこで活用したいのが吊戸棚とシンク下です。

吊戸棚は高いところにあるので物が取り出しにくいから使わないという人もいますが、
これはもったいない話です。
できるだけ軽くて、毎日は使わない物、例えば蒸し器、ケーキの型、
予備のお弁当箱や密封容器、遠足の時だけ使う水筒、予備のキッチンペーペーやホイル、
ラップなどを収納するのに最適です。
折り畳み式の踏み台などを用意しておけば品物の出し入れも簡単です。

重くて、落とした場合に危険なものはシンク下を活用するのがいいですね。
新式のシンクならば、引き出し式になっていてシンク下も無駄なく使えるので便利ですが、
従来型のシンクでもフリーラックやファイルケース、
収納ケースなどを入れればきっちりとした収納場所となります。
お鍋やフライパンを立ててしまうとたくさん入れられますし、
瓶に入った調味料や飲料などの収納にも向いています。
出しっぱなしにしたくないゴミ箱を収納している人もいます。
工夫次第でかなり活用できそうです。

まとめ

家の中をきれいに片付けるには、不要品を減らして、収納場所を確保することが重要です。
押し入れや台所の吊戸棚やシンク下のデッドスペースを使いやすく改良し、
収納スペースとして大いに活用したいものです。

スポンサーリンク