誰でも簡単にできるキッチン菜園を楽しもう!台所の野菜や種まきも

草花を見ているとなぜか癒される気がするのは私だけでしょうか。
「立派な木でなくても、小さな草でいいから、緑があると落ち着ける。」
と言った友人もいました。
ガーデニングは好きだけれども、庭はないしベランダも狭いので、
とても無理と諦めている人もいるかもしれませんが、
最近話題になっているキッチン菜園ならどんな家でも、
アパートの一室でも小さな緑を育てて見て楽しむばかりか、
摘み取って食べることだってできます。
そんな素敵な菜園をあなたも試してみませんか。
ここでは、キッチン菜園の作り方と楽しみ方をご紹介しましょう。

まずは台所にある野菜を使いましょう

キッチン菜園には特別な容器や種は要りません。
いつもは捨てている野菜の根の部分を使うだけでいいのです。
例えば人参や大根、かぶ、カイワレ大根、豆苗、ネギ、キャベツの芯などをお皿やコップ、
イチゴパックなどに水を入れてつけておけば数日後に芽が出てにょきにょきと育ち、
摘んで食べられるぐらいにまで成長します。
窓辺に置いて観察するのも楽しみですね。具体的に育て方を見てみましょう。

大根や人参

大根やニンジンの根の一番上の部分を少し長めに残しておきます。
人参なら1.5㎝ぐらい大根ならば5㎝ぐらいあれば十分です。
お皿やコップなどに水をはり大根やニンジンの根を浸けます。
下の部分が水に浸かるぐらいがちょうどいいですね。
風通しがよく、明るい場所に置いて、毎日新しい水に変え、
容器も洗うと腐りにくくよく育ちます。
一週間ほど経つと緑の葉っぱが出てきて、見るのも楽しいです。
大根は上手く育てれば白くてかわいらしい花を見ることもできて、二倍楽しめます。

豆苗

これは試してみた人も多いかもしれませんが、とても丈夫で誰でも失敗なく育てられます。
食べ終わった豆苗の根の部分をお皿やパックに入れて、水を張っておけば、
1週間から10日で再収穫できます。
毎日水を換えることも忘れずにしてください。
上手に育てて2回3回と収穫している人もいるそうです。
豆苗は安くて、栄養価は高く、美味しく食べられるので野菜の優等生かもしれません。

スポンサーリンク

ネギ

ネギは根の部分を少し多めに(5㎝ぐらい)残して、
コップや上の部分を切り取ったペットボトルなどの深い容器に入れて水を注いでおけば
それだけでもニョキニョキと育ちます。水換えは毎日やりましょう。

キャベツ

キャベツは芯の部分だけでも水を入れたお皿に浸しておけば、
2週間ほどで緑の葉っぱが出てきて来ます。
上手に育てればかわいい花を見ることもできます。

種まきも楽しい

もっと本格的に水栽培をしたい人は、カイワレ大根やスプラウトがおすすめです。
種は比較的安く買えるので、気軽に試してみるのがいいでしょう。

育て方

イチゴパックなどの容器にスポンジやキッチンペーペーを敷き、
たっぷり水をしみ込ませて、その上に種を重ならないように蒔きます。

暗い場所に置いて毎日霧吹きで種が濡れるぐらいまで水をやります。

根が張ったら、直接容器に水を注ぎ入れます。水は毎日取り換えることが必要です。
5~6㎝に伸びたら日当たりの良いところに移し日光を当てます。
こうすると全体が緑色になり、栄養価が高くなります。

1週間から10日で収穫できます。キッチンでお料理に使うのもいいですし、
ガラスのコップに入れて観賞用にもなります。

自家栽培の野菜を食べる

キッチン栽培の野菜は見て楽しんだ後は、美味しくいただきましょう。
お料理のアクセントとして、摘みたての野菜は格別です。

人参の葉はスープにパセリのように浮かすとさわやかな風味を楽しめます。
たくさん採れたら、ベーコンやハムと炒めて食べるのもいいです。

カイワレ大根は生ハムでくるんでおつまみに、
そのままサラダにのせてもいいですね。

大根やかぶの葉は菜飯に最適です。

豆苗は普通にお浸しにスープにナムル風もいいです。

ネギは薬味としてとれたてを刻むと香りがいいので嬉しいですね。

まとめ

キッチン菜園は大根、人参、ネギなど食べた残りの野菜を水に浸けておくだけでできるので、庭やベランダのない人でも楽しめます。
またカイワレ大根やスプラウトを種から育てるのもまたいいですね。
緑を見て楽しみ、お料理にも使えて応用範囲は広そうです。
さっそく台所の残り野菜で試してお楽しみください。

スポンサーリンク