コーヒーを美味しく飲もう!選び方から健康効果まで紹介します

疲れた時に一杯のコーヒーはいいものですね。
眠気をすっきりさせてまた仕事に勉強に頑張ろうと気合を入れる場合もあるでしょう。
もちろんインスタントでもいいのですが、
できれば本格的にコーヒー豆を挽いて熱いお湯を注いで
いれたコーヒーならなお美味しいですね。
私の叔父はコーヒー店のマスターですが、叔父のいれてくれるコーヒーはやっぱり格別です。叔父はコーヒー豆を選び、焙煎方法にこだわり、
いれ方も手抜きをしないので美味しいコーヒーが飲めるのだそうです。
素人はそこまでこだわらないですが、
できればより美味しいコーヒーを飲めたらいいですよね。

そこで、コーヒーの選び方やいれ方、
保存方法さらにはコーヒーの健康効果についてご紹介します。

コーヒーの選び方

コーヒーにはインスタントや缶コーヒーもありますが、
家庭でくつろぎながらできるだけおいしいコーヒーを飲もうとしたら、
レギュラーコーヒーがいいですね。
エスプレッソはそれ専用のマシンが必要なので、ここではドリップ式でやってみましょう。

コーヒー豆

できれば豆のままで買うほうが、味や香りが落ちないのでいいです。
コーヒー豆専門店で待っている間に豆を煎ってくれるところがありますが、
このようなお店のコーヒー豆は他店の高級品にも匹敵する美味しい味を期待できます。
また試飲をさせてくれるところもあるので好みの味を選ぶこともできます。

すでにパックに入っているものを買う場合はなるべく加工した日にちが新しいものを
選びます。
大きなパックは飲み切る前に味が落ちるので、
一人暮らしの人ならばできるだけ小さいものを選びたいですね。

コーヒー豆にはストレートとブレンドがありますが、ブラジルやモカ、
ブルーマウンテンなど一つの産地でとれた単一のコーヒーがストレートで、
いくつかの産地のコーヒー豆を混ぜ合わせたものがブレンドと呼ばれます。
初心者ならばブレンドが適当です。
好みがはっきりしている人ならばストレートがいいでしょう。

コーヒーの美味しいいれ方と保存法

豆そのものを買った場合は、自宅でミルを使って挽きますが、
その都度に飲む分だけ挽くと香りを楽しむことができ、残った豆も劣化せずに済みます。

スポンサーリンク

いれ方

ペーパーフィルターの底と側面の端を折ってドリッパーにセットします。

挽いたコーヒー豆をスプーンで人数分だけ計ってペーパーフィルターに入れます。

粉全体に少量のお湯を注ぎ、コーヒーを蒸らします。

蒸らしてから、粉の真上からお湯を注ぎゆっくりと「の」の字を書くように3回ぐらいに分けてお湯を注ぐのがコツです。

保存法

コーヒー豆は空気に当たると劣化しますから保存には注意が必要です。
残った豆は保存缶に入れれば5日間ぐらいは保存できます。
2週間ぐらい保存したければジップロックなどの密閉容器に入れて空気を抜いてから
冷蔵庫にしまうのがいいようです。
1か月保存したければアルミパックのような完全密閉できる容器に入れて空気を抜き、
冷凍庫に入れて保存するとかなり良い状態で保存できます。

レギュラーコーヒーを入れるにはコーヒーメーカーを使うこともできますし、
粉になっているコーヒーを買ってくることもできます。
最近はドリップパックやティーバッグのようになっている1回ごとの
パック入りのものもありますから、
それぞれの事情に合わせて無理なくコーヒーを楽しむのがいいでしょう。

コーヒーの健康効果

コーヒーはカフェインが含まれているので健康に悪いのではないかと思われがちですが、
ある研究データによると1日2~4杯のコーヒーを飲む人は飲まない人よりも心臓病、
脳卒中、がんなどの病気で死亡するリスクが低いことが分かったそうです。

またコーヒーにはストレスを減らし、肝臓の健康に効果があり、
頭脳を明晰に保つ効果があると言われています。

ただし飲み過ぎると胃を悪くすることがあり、
加えたミルクや砂糖が多いとカロリーオーバーになる危険があるので、
あくまでもほどほどに楽しむのが良いでしょう。

まとめ

コーヒーはリフレッシュには最適な飲み物ですね。また健康効果もあるようなので、
インスタントでもドリップ式でも楽しんで飲みたいものですが、
もし余裕があれば自宅で豆を挽いて、時間をかけてドリッッパーにお湯を注いで、
美味しいコーヒータイムを持ちたいものですね。

スポンサーリンク