辛いドライスキンの原因を知って対策しよう!

いつもすべすべでつややかなお肌はみんなの憧れですよね。
でも乾燥肌でドライスキンに悩む人はいつも肌がカサカサしていて、
粉をふいたようになるし、時にはかきむしって赤くなることもあって辛いですね。
特に乾燥する冬場はいけません。
何とかしてこの辛い状態を改善してきれいな肌になりたいものです。
そのためにドライスキンの原因と対策を捜してみました。

ドライスキンの原因

乾燥

肌が乾燥すると肌の表面にある角質層が剥がれて、皮膚の水分や脂分のバランスが崩れてて、バリアー機能が落ち、水分や脂分が蒸発するために、お肌がカサカサになってしまうのです。気温と湿度が下がることが原因であることが多いのですが、
その他にも次のようなことが原因になっています。

エアコン

エアコンの風にあたり過ぎると、肌が乾燥して脂分も減ってしまって
乾燥肌になりやすいです。

入浴時の洗い過ぎ

きれい好きな人はお風呂に入った時に、
ナイロンタオルなどでゴシゴシと洗うことがあるかもしれませんが、
洗い過ぎはやはり皮膚のバリアーが壊れて乾燥しやすい肌になります。

また42度以上の熱いお風呂に入ると脂質が失われやすくなります。

ストレス、生活習慣の乱れ

ストレスをためると体調が悪くなり、食生活の乱れや睡眠不足を招き、
お肌の状態も悪くなります。アトピー性皮膚炎もストレスが加わると悪化することが
知られていますが、やはりお肌にはストレスは大敵のようです。

加齢

年をとると自然に水分や脂分が減って乾燥肌になりやすいようです。
老人ホームの介護士さんたちは入居者のスキンケアにはいつも気を付けているそうです。

トライスキンの対策

適切なスキンケアをする

乾燥するシーズンには特にセラミドなどの保湿成分が含まれている保湿剤をまめに塗ることがたいせつです。
オイルは保湿成分が含まれていないので、
保湿剤を塗った上にカバーするようにオイルを塗るのか効果的です。

特にエアコンの風にあたりやすいところで活動している人は、
塗りなおしてたっぷりと保湿することが必要ですね。

洗顔には洗浄力が強すぎるものは避けて、ぬるま湯で洗うように気を付けましょう。

風邪が強い屋外に出るときにはできればオーガニックコットンのマスクをして
お肌を乾燥から守りましょう。

スポンサーリンク

加湿する

部屋が乾燥し過ぎるときは加湿器を使う、
お湯を沸かすなどして適度な湿度を保つことも必要ですね。

食生活を改善する

バランスのとれた食事をすることは肌の状態を良くします。
脂っこいものや甘い物、ジャンクフードや不規則な食事は乾燥肌を引き起こす
原因となります。
ビタミン、タンパク質、糖質も含めてしっかり栄養を摂りましょう。
特に大事なのは次のようなものです。

ビタミンA 肌の新陳代謝を整える 人参、ホウレン草、かぼちゃ、小松菜など

ビタミンC 皮膚を健やかに保つ 赤パプリカ、いちご、ブロッコリーなど

タンパク質 体を作るのに不可欠 肉、魚、卵、などを十分に摂りましょう。

水分を摂る

水分を摂ることも大切です。冬は汗をかかないからと油断せずに水分を摂って
体の内側から潤すことも忘れずに。
水分を欲しがらない高齢者の方には周りの人が水分を勧めることも必要ですね。

十分な睡眠をとる

睡眠不足はお肌の状態を悪くします。寝ている間に肌が再生されるため、
十分な睡眠が必要なのです。
できれば12時前には布団に入って質の良い睡眠を心掛けましょう。

入浴に気を付ける

お風呂に入るのは健康に良いのですがあまり熱いお湯に浸かると潤いを保つ成分まで
洗い流されてしまうので、40度ぐらいのお湯に15分程度浸かるのが理想的です。
また体を洗うときには刺激の弱いボディソープでそっと洗い流すようにしたいですね。

ご自身がいつもきれいな肌をしている美容関係者の方の話によると、
「私はいつでも保湿ケアをしているので、リビングにもキッチンにも、
洗面所にも、バッグの中にも保湿剤を入れておいて、1日に何回も塗っています。」
とのことです。
しかも「その保湿剤の量もはんぱではないですよ。」とおっしゃっていました。
やはりまめにたっぷりと保湿することがコツと言えるでしょうね。

まとめ

ドライスキンは空気が乾燥することが大きな原因ですが、
エアコンの風にあたることや入浴時の洗い過ぎ、ストレスや生活習慣の乱れ、
加齢なども原因になります。
正しいスキンケアをし、バランスの良い食事や水分の摂取、十分な睡眠などに気を付けて、
今年の冬はしっとりすべすべのお肌でいたいものですね。

スポンサーリンク