キッチンを片付けるには引き出しをフル活用したい

あるお宅にお邪魔するとどの部屋もきっちりと片付いていて、
キッチンすらもとてもきれいです。
やかん一つ出しっぱなしにしていないのにいつも感心していますが、
こちらの主婦の方に片付けのコツを尋ねると、
「収納場所を決めて、使った物はまた元のところに戻す、それだけですよ。」
とのことでした。

なるほどと思いますが、お料理好きな主婦の方なら
お気に入りの調理道具や食器をたくさんお持ちでしょう。
それらをきっちりと収納し、
しかも使うときにはさっと取り出せるようにするのは案外大変ですよね。
そこで、シンクやレンジ下の引き出しを上手に使って、
道具や食器を効率よく出し入れし、また片付ける方法を考えてみました。

鍋やフライパンなどの調理道具の収納方法

下段

大きくて重い物、時々使う大きいお鍋や土鍋、
すりこぎなどはできるだけ下の段に入れるのがいいですね。
大きいものは重ねるのは無理なので、そのままで、小型の物は重ねて入れます。

中段から上段

毎日使う大小のお鍋やフライパン、
ボールやザルは中段か上段に入れて取り出しやすくしておきたいです。
上下に積み重ねると取り出すのが大変なので、ファイルケースなどを入れて、
立てて収納するのが効率的です。鍋のふたも数が多いと雑然と置くことになるので、
まとめてファイルケースに入れるか突っ張り棒を入れてそれに掛けておくのがいいですね。

食器・小物・調味料などの収納方法

食器

食器がたくさんある場合や食器戸棚を置きたくない場合は、
引き出しの中段から上段を使って、お皿、茶わん、湯吞み、カップ、
コップのようにある程度場所を決めてまとめてしまいます。
お皿がたくさんあるときはディッシュスタンドをいれて、
立てて収納すれば取り出し易くいつも上にあるもののみ使うこともなく効率的です。

小物

スポンサーリンク

上段や小引き出しはスプーンやフォーク、箸などのカトラリーやその他の小物を入れるのに
適しています。
ただ引き出しにそのまま入れると雑然として使いにくいので、
クリアケースなどで仕切りをして、カトラリーごとに、
また菜箸やお玉、キッチンバサミ、ピーラー、
お弁当用の仕切りやスティックなどこまごましたものをまとめて入れます。
ただしあまりに細分化するとかえって毎回どこに入れるのか気を使うことになるので、
ざっくり区切る方がいいようです。

調味料

深い引き出しがあれば、大型の調味料をそのまま立てて入れます。
倒れやすい場合はやはりファイルケースに入れておくことが賢明です。
万一液だれしたり、倒れたりすることがあってもケースの中を洗うだけで済むからです。
毎回大瓶を持ち出すのが大変ならば、小瓶に入れ替えて、
小瓶の調味料だけを上段に入れておくのも一つの方法でしょう。

裏技

狭いキッチンで、しかも持ち物が多い場合は困りますが、ある背の高い主婦は、
ボールやザル、アルミ製の軽い鍋など扱いやすい道具を吊戸棚に入れて、
引き出しを広く使えるようにしています。
その結果引き出しの下段にお米や小麦粉、
調味料またジャガイモやタマネギなどの日持ちする野菜をしまい、
中段と上段に食器や小物を入れるので、いつでもキッチンはすっきり、
お見事としか言いようがありません。

背の低い人は全部をまねするのは無理ですが、
吊戸棚の一番下だけでも使いこなせればかなり余裕ができますね。
踏み台を使うという手もありますから、検討する余地はありそうです。

まとめ

キッチンをきれいに片付けるには引き出しを効率よく使うことが鍵のようです。
下段に大型で重い鍋や土鍋などを入れ、中段から上段にかけて、毎日使う鍋やフライパン、
ボールやザル、また食器、さらに上段や小引き出しに、小物を入れるのが原則ですね。
大きな引き出しはファイルケースなどで仕切って使い、
鍋やお皿は立てて収納するもいいですね。
引き出しをフル活用して、きれいなキッチンでお料理を思う存分お楽しみください。

スポンサーリンク