パンダ発見の日を知っていますか?由来や特徴について

3月11日は「パンダ発見の日」でが、パンダって本当にかわいいですね。
パンダは動物園で常に大人気です。ところでこのパンダとは日本語で言うと
「白黒熊」というのだということを知っていましたか?
この珍しい白と黒の毛皮に覆われた愛らしい熊は、
その昔中国の山奥でのんびりと生息していたようです。
ところがある日外国人に発見されて以来、過酷な運命にさらされてしまったらしいのです。
この「パンダ発見の日」の由来と、パンダの特徴をご紹介しましょう。

パンダの発見の日の由来

パンダは正式にはジャイアントパンダといいますが、
このジャイアントパンダはずっと以前から地球上に生息し、
中国の山奥で静かに生活していたようです。
ところが1869年3月11日にフランス人の宣教師で博物学者のアルマン・ダビィットという人が中国にやってきて、漁師が持っていた白黒の毛皮を見つけました。
彼がこの毛皮の正体を知りたくなってパンダの骨と皮をパリの国立自然史博物館に送って
調査を依頼したことでパンダの運命が変わってしまったのです。

フランスで調査されたパンダはすぐにヨーロッパで話題の的となり、
欧米人がこの珍しい動物の白黒の毛皮を求めて、
大勢中国にやって来てパンダを乱獲したので、
数が激減し30年後には絶滅の危機に陥ってしましました。

現在の生息数は1800頭ほどだと言われています。
中国政府が密猟を禁止し、北京動物園で飼育をするなど熱心にパンダ保護の努力をしたことによって、近年絶滅危惧種のリストからは外れたそうですが、
依然として手厚い保護が必要です。

パンダの特徴

大人のパンダは全長が120~150㎝で体重が80~150㎏とかなり大きな動物ですが、
パンダの赤ちゃんは100~200gととても小さく、出生後の生存率が非常に低いのと、
パンダの雌が妊娠できる期間が極端に短いことで繁殖するのがとても難しい動物です。

スポンサーリンク

生体はちょっと変わっていて、24時間のうち14時間は食べていて、
10時間は寝ているという、私たちには羨ましいような毎日を過ごしています。

パンダの適温は10度~20度と低めで、25度以上になると命の危険が及ぶそうで、
暑い夏は苦手のようです。

パンダは、元は肉食動物ですが、現在は竹や笹を主食としていて、
1日に15キロもの笹を食べます。野生のパンダは魚や昆虫、小動物も食べるそうです。
竹や笹は栄養価が低いのでたくさん食べなくてはならないので、動物園の飼育係は大変です。

パンダはあの愛らしい姿からおとなしい動物だと思われがちですね、
基本的にはやんちゃで人を襲うことはないそうです。
でももとは肉食で意外に狂暴なところもあるのでうかつに近づくには危険なのだそうです。

野生のパンダは、平均寿命は26年ぐらいですが、飼育された場合はもう少し長くなり、
34年という記録もあるそうです。

日本にパンダがやって来たのは1972年に日中国交正常化の記念として
上野動物園に二頭のパンダが贈られたことによります。
このパンダはカンカンとランランで、日本は一気にパンダブームになり、
上野動物園には長蛇の列ができたことをご存知の方も多いでしょう。

現在は上野動物園以外にも神戸市王子動物園に1頭、
和歌山県のアドベンチャーワールドに5頭のパンダがいます。
以前のように何時間も待たなくては見られないということはないようですね。

まとめ

3月11日は中国でパンダがフランス人によって発見された日です。
その日以来パンダは乱獲されて絶滅危惧種にまでなりましたが、
現在は中国政府の保護により1800頭にまで回復しました。
しかし、パンダは繁殖力が弱く食べ物が竹や笹ばかりなこともあって飼育も難しい動物です。日本では中国から贈られたパンダが上野動物園やアドベンチャーワールドで見ることができますが、依然として大の人気者です。
あの愛らしい姿が見られなくなることがないように願いたいものですね。

スポンサーリンク