立春の意味や由来。立春にちなんだ風習や食べ物を紹介します

立春というと春が来るから温かくなりそうな気がしますが、
実際は2月の始めは一年中でも一番寒い時期ですね。
でもどうしてこの時期に立春と言うのでしょうか、
特別な意味や由来があるのかもしれませんよね。
立春にちなんだ食べ物や風習もありますので紹介します。

立春はいつ

2019年の立春は2月4日です。

立春は1年を24に分けた「二十四節気」のうちの一つです。
現在は、季節は春夏秋冬の4つですが、それをさらに4つずつに分けてそれぞれに
名前が付けられています。
有名なのは立春、春分、立夏、夏至、立秋、秋分、立冬、冬至などで
皆さんもご存知のことと思います。

立春は年によって少しずれますが、だいたい2月4日ごろです。
旧暦では立春が一年の始まりとされていました。
またこの日から雨水(2月19日頃)までを立春と呼ぶこともあります。

立春は寒さの一番厳しい時期ですね。
しかし考えようによってはこれからだんだんと寒さが和らいで、
希望も見えて来るとも思えます。
太陽が一番低い位置にあるのは冬至ですが、
地球が太陽からの熱で温まるまでに1か月ほどかかるので、
冬至後の一か月であるこの時期が一番寒いわけです。

立春にちなんだ風習や食べ物

新しい年の初めの立春にちなんだ風習やいくつかの美味しい食べ物があるのでご紹介します。

立春大吉

禅宗では立春の日の早朝に厄除けとして「立春大吉」と書いたお札を
門の前に張り出す習慣があったそうです。
「立春大吉」という言葉は左右対称になっていて、
表からも裏からも「立春大吉」と読めますね。
このお札を貼ってある家に入った鬼が、このお札を裏から見て「立件大吉」と読んで、
この家にはまだ入っていなかったのだと思いこんで逆戻りして出て行った
という逸話があるそうです。
それで立春大吉のお札を張ると厄除けになると言われているのです。

スポンサーリンク

立春大吉のお札は禅寺が檀家さんに配るもので一般には販売されていないようですが、
一般の人は自分で立春大吉と書いて貼っているそうです。

立春朝搾り

新春を迎えるための祝い酒のことですが、立春の前日つまり節分の日の夜から一晩かけて
もろみを搾り続けて立春の日の朝に仕上がったばかりのお酒でお祝いするわけです。
比較的最近始まったものですが、左利きの人には嬉しいことですね。

立春大吉豆腐

豆腐は昔から邪気を追い払う霊力が宿っていると言われ、体を清める力があるそうです。
そこで立春には「立春大吉豆腐」を食べる習慣があるのですね。
体を清めると幸せが来るというのは本当かもしれません。
豆腐は健康にも良いですから、先人の知恵だったのかもしれませんね。

立春生菓子

立春の日の朝に作って食べる上等な生菓子のことですが、
桜餅やうぐいす餅などの美味しいお菓子は春を祝うにはふさわしいですね。
和菓子党にとってはこたえられません。

立春大福餅

伊勢の和菓子屋さんの赤福からは「立春大福餅」が販売されます。
黒大豆と大豆を使った二種類の豆大福ですが、なかなかの人気のようです。

立春大福

おめでたい日にはお餅は縁起の良い食べ物とされていましたが、
お餅を使った大福も縁起が良いものと言われ、
「立春大福」という名前で販売されるようになりました。

まとめ

立春は旧暦で一年の始まりの日で、寒さがあけて春に入る日とされていました。
一年中では一番寒い時期ではありますが、これからだんだんと温かくなるので、
希望をもてるのが良いところでしょう。
立春にちなんで立春大吉のお札を掲げて幸いを祈願する習慣もあります。
また朝搾りとして出来たてのお酒を飲む、
立春生菓子を楽しむことも広く行われているようです。
寒い時期に暖かいお茶を入れて和菓子をいただくのもいいかもしれません。
それぞれのご家庭で和やかにお楽しみください。

スポンサーリンク