寒暖差アレルギーとは?原因と対処法を紹介します

12月の寒い日に関東地方に住む中年の主婦の方が、
実家のある北陸の町の両親宅に家事手伝いのために帰省した時のことですが、
着いたとたんになんだか体がむずがゆくなったそうです。
一時的なことだろうと思って気にも留めなかったのですが、
その日の夜には体中にじんましんが出て、痒くて、
痒くてとても手伝いをするどころの状態ではなくなり、
予定を大幅に繰り上げて帰って来てしましました。
翌日いつもの皮膚科の先生に診てもらったところ、
寒暖差アレルギーでしょうということで、薬をもらってようやく治ったのだそうです。
寒暖差アレルギーとは聞き慣れない病名ですが、
温度差が大きいときには誰もがかかる可能性があります。
その特徴と原因を知って、対処方法を知っておくことは大事なことかもしれませんね。

寒暖差アレルギーとは何でしょう

寒暖差アレルギーは寒暖の温度差によって引き起こされるアレルギー反応のことです。
実際にはアレルギーの原因になる物質(アレルゲン)があるわけではなく、
気温の差による自律神経の乱れが原因で起こります。

寒暖差アレルギーの症状としては

鼻水、鼻づまり、咳、頭痛、食欲不振、じんましん、体が痒い、睡眠障害、
イライラがあります。

風邪に似ていますが、寒暖差アレルギーはほとんどの場合、

熱が出ることはない。

鼻水はずっと透明で変わらない。

目が痒いとか充血するという症状は出ない。

という特徴があるので寒暖差アレルギーかどうかは判断できそうです。

原因と対処法

原因

寒暖差によって自律神経が乱れることで起こります。血管は寒いと縮み、
暑いと広がりますが、寒暖差が激しいと血管の収縮が環境に追いつけなくなって、
自律神経が誤作動を起こして体調不良になるのです。
気温の差が7度以上になるとこの危険性が高くなります。

スポンサーリンク

先の中年女性が急にじんましんが出たのは、
やはり温かい関東から急に寒い北陸に行ったことが原因だったわけですね。

対処方法

体を冷やさない

寒い日はコートを着込み、帽子、マフラー、マスク、厚めの靴下などを身につけ、
体が感じる温度差を少なくするのは効果があります。

体力をつける

寒暖差アレルギーにかかりやすいのは筋肉量が少ない高齢者や女性だそうです。
毎日簡単な運動やウオーキングなどをして基礎代謝を上げることを心がけましょう。

バランスの良い食事

良質なたんぱく質や疲労回復に良いビタミン、ミネラルなどを
バランスよく摂ることは重要です。
旬の野菜や生姜、ニンニク、唐辛子などの体を温める食材も是非取り入れたいところです。

体を温める

シャワーだけでなく湯船にゆっくりと浸かって体を十分に温めると、
自律神経を整える効果があります。

早寝早起きをする

夜更かしをすると自律神経が乱れるだけでなく、体の抵抗力も弱まり、
寒暖差アレルギーが起こりやすくなります。ぜひ早寝早起きを実行しましょう。

タバコを控える

タバコの煙により鼻の粘膜に傷がつくと、
空気に刺激を受けて症状を発症しやすくなるので禁煙することは重要です。

寒暖差アレルギーはアレルゲンがないために特効薬はなく、対症療法になります。
でも症状が長引くときは、耳鼻咽喉科、アレルギー科、皮膚科などで診てもらうのが賢明です。

まとめ

寒暖差アレルギーは気温の差が大きいときに自律神経が乱れることによっておこる鼻水、
咳、かゆみなどのアレルギー症状です。
体を冷やさないことが肝心ですが、普段から筋力をつける運動を心掛け、
バランスの良い食事、体を温めるようにゆっくりお風呂に浸かるなどの工夫をして
寒暖差アレルギーを予防し、健康的な毎日を送りたいものですね。

スポンサーリンク