サバ缶で健康的にダイエット!効果的な食べ方や気を付けたいこと美味しい食べ方も紹介しています

サバ缶は、健康増進に役立ち、ダイエット効果もあるというテレビの紹介があってから、
爆発的に売れているらしいですね。
近くのスーパーの缶詰売り場にもサバ缶はたったの2個しかありませんでした。

サバは青魚で健康に良いとは聞いていましたが、
手軽に食べられるサバ缶にはダイエット効果もあると言われれば、
これはぜひ試してみたいですよね。

その前に、サバ缶がどうして健康増進に役立ち、ダイエット効果があるのかを調べ、その効果的な食べ方を紹介します。

サバ缶に含まれる栄養素とダイエット効果

さばにはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が
たくさん含まれています。
これは体の中では合成できない必須脂肪酸なので、食べ物から摂る必要があります。

このEPAやDHAは中性脂肪やコレステロールを下げ、
血液をサラサラにする働きがあります。血流が良くなると代謝も促され、
冷え症も改善されます。

またEPAはGLP-1というホルモンの分泌を促す働きがあります。
このGLP-1は痩せホルモンと言われ、余分な脂質や糖質の代謝を促し、
満腹中枢を刺激して食欲を抑える働きをするのです。
ですからダイエットしたい人に向いているわけですね。

その他にも脳を活性化して記憶力や学習能力を高め、免疫機能を調整し、
アトピーや花粉症などのアレルギー症状を予防する効果もあるようです。

やっぱりサバ缶が健康やダイエットに有効なのは本当のようですね。

効果的な食べ方

1日にサバ缶を1缶食べるのが基本です。ダイエットを目指すならばその他に

食物繊維を一緒に摂る

アボガドや野菜、キノコ類、海藻類を一緒に食べることによってより
満腹感が得られてダイエットが成功しやすくなります。

有酸素運動を行う

サバ缶のEPAやGLP-1 の働きで、体内脂肪や糖質の代謝が進んでいるときに
酸素を多く摂りこむ有酸素運動をすると脂肪の燃焼がさらに良くなると言われています。
毎日30分程度歩くだけでも、かなりの効果が期待できます。

スポンサーリンク

気を付けたいこと

カロリーオーバーに注意

いくら体のために良いしダイエットにもなる。
それに美味しいからとサバ缶を毎食のように食べていてはそれだけで
カロリーオーバーになる恐れがあります。
サバ缶は1缶で200~300calあるので、1日1缶が基本です。
またいつもの食事も腹八分目を目指しましょう。

必須脂肪酸のバランスに注意

必須脂肪酸には2種類あって、

オメガ3脂肪酸であるアルファリノレン酸、DHA、EPAと

オメガ6脂肪酸であるリノール酸

があります。この二つは働きが正反対なので、バランスが崩れると健康が損なわれます。

サバ缶を食べてDHAやEPAなどの必須脂肪酸を摂るのは良いのですが、
取り過ぎになりやすいリノール酸を減らすことも重要です。
つまりサラダ油やキャノーラ油、ごま油、マヨネーズを
減らすように気を使けることが肝心です。

美味しく食べるには

サバ缶はそのままでも食べられますが、ちょっと手を加えるとおしゃれな一品になります。
手軽な料理法を2つご紹介しましょう。

サバ缶とアボカドのサラダ

材料

サバ缶1/2

玉ねぎ1/2

アボガド1/2

調味料

レモン汁 小さじ1

しょう油 小さじ1/2

砂糖 小さじ1/2

ごま油 小さじ1/2

塩 少々

好みで、黒ゴマ、ミョウガなど

作り方

調味料をよく混ぜて、スライスした玉ねぎと角切りにしたアボガドに加えて和える。

お皿によそい、汁気を切ったサバをのせ、好みで黒ゴマ、ミョウガなどをのせる

トマト缶とサバ缶のスープ

材料

トマト缶 1

サバ缶 1

コンソメ 1

水 400㏄

タイムやローズマリーなどの乾燥ハーブ 適量

作り方

全部を鍋に入れサバを崩しながら煮る

沸騰したら5分かき混ぜながら煮る

まとめ

サバ缶は確かに健康に必要な必須脂肪酸がたくさん含まれていて、
食欲を抑制するホルモンが出るのでダイエットに有効ですね。
サバ缶人気は単なるブームではなく根拠にあるもののようです。
健康に良い必須脂肪酸を摂って丈夫な体、さらにはダイエットに成功して
かっこいい体になれたら嬉しいですね。

スポンサーリンク