断捨離と大掃除の違いを知ってますか?違いを知れば快適な暮らしができるかも!?

きれいに片付いた家で健康的な生活をすることは理想ですね。
そのためは大掃除をしようと思って始めてみたものの、
まず要らないものを処分しようと思って雑誌などを片付け始めたら、
いつの間にか古い雑誌を読み始めてしまって、
大掃除どころの話ではなくなってしまったという失敗経験をお持ちの人も
いるのではないでしょうか。

大掃除と物を捨てる断捨離とを同時にするのは無理があるのですね。
ここで、大掃除と断捨離の特質を考え直して、
効率よく家をきれいにする方法を考えてみました。

断捨離とは

現代人は持ち物が多いですね。断捨離とは有り余る持ち物を整理し、
要らないものを処分して生活の質を上げ、
安らかな気持ちで毎日を過ごすことをめざすことです。

あるお宅では買い物をするのが趣味の奥さんが、
気に入った洋服があるとすぐに買って来るのでクローゼットの中は
はちきれそうになっていて、いざ着たい服を捜すのにも一苦労し、
いつもイライラがつのるのだそうです。
このような場合には本当に着たい服だけを残して、
不要な物を処分すれば、クローゼットはゆったり、
イライラもなくなって断捨離は成功と言えるわけですね。

また本好きのご主人が、気に入った本はすぐに買って来るし、
古い本を処分するのが嫌いで、学生時代に使った古い教科書まで本棚にしまっておくので、
とうとう本棚が5つにもなってしまい、寝室にも読みかけの雑誌や文庫本が積んである
という悲惨な状況だった家もありました。
この家は引っ越しをすることなり、次の家が狭いアパートだったのを機会に
古い本は処分し、比較的新しい雑誌などはリサイクル店に売り、
駅や公共の施設に寄付するなどして、とうとう本棚2つ分に減らすことが出来たそうです。
またその後は出来る限り図書館を利用して、本は極力買わないようにして、
快適な生活ができるようになったそうです。
これは断捨離としては大成功ですね。

スポンサーリンク

断捨離はなんでもかんでも不用品を捨てるのではなく、
本当に必要な物をえり分け、生活を快適にすることを目指すわけですから、
持ち主本人がよく考えて納得しなければならないので、
ある場合には時間もかかるし大掃除の片手間に出来るものではないことが分かります。

大掃除とは

大掃除の本来の目的は家をきれいにするすることなので、
片付けも掃除の一部と言えますがあまりにも不用品が多くては掃除もはかどりませんから、
大掃除の前に断捨離を行って物を減らしてから掃除に取り掛かかるのがいいですね。
衣類や本がきちんとクローゼットや本棚に収まっていれば、
短時間で掃き掃除や拭き掃除ができてとても効率的です。
本棚自体の数が減らせれば天井や壁の掃除もしやすくなりさらにいいわけですね。

快適な暮らしを目指す

一旦断捨離をして、物を減らしてすっきりしても安心はできません。
それを維持することが必要ですね。
いつも気を付けて一つ物を買ったら一つ要らないものを減らすことが原則です。
買いたいものが本当に必要かよく検討してから買うようにしたいものです。

また毎日物を片付け掃除をして清潔な住まいを保ちたいものです。
そうすれば年末の大掃除は外回りやガラス拭き、
天井の煤払いなどするだけで簡単に済ませることが出来るはずですね。

まとめ

断捨離はただ物を捨てるだけでなく、本当に必要な物を残して、
快適な生活をすることですから、大掃除の片手間に出来るものではありません。
普段から断捨離を心掛けて生活の質を高めるようにしたいものです。
そうすれば年末の大掃除もさっと終わらせることが出来るでしょう。
断捨離も大掃除も無理なく進めて、
いつもきれいな家で気分爽快な日々を送りたいものですね。

スポンサーリンク