オリーブオイルは健康にも美容にも効果的です!特徴や使い方の紹介

オリーブオイルというとお料理に使うことを思い出しますね。
パスタや炒め物の味付けによく使いますし、ドレッシングに入れると
こくが出て美味しくなりますね、栄養価も高いのはよく知られていますが、
どうやらそれだけではなく、髪や肌に塗ると美容効果があるようです。
またコレステロールを下げ、ダイエット効果もあります。

オリーブオイルの特徴

オリーブオイルはオリーブの実を搾って作る植物油です。
オリーブオイルには良質な脂肪酸のオレイン酸やリノール酸、ビタミンAやビタミンE、
食物繊維などの栄養成分がたっぷり含まれています。
オリーブオイルの効能には次のようなものがあります。

生活習慣病の予防

オリーブオイルにはオレイン酸がたくさん含まれていて、
悪玉コレステロールを下げる効果ああり、
さらに善玉コレステロールを下げない働きもあります。
ですから動脈硬化や高血圧、心臓病の予防に役立ち、骨粗鬆症の予防にも効果があります。

アンチチェンジング効果

オリーブオイルには若さを保つのに必要な栄養素の鉄分、ベータカロチン、ポリフェノール、
カルシウム、ビタミンEなどが多く含まれているので、
食べると体の中から若さを保つだけでなく、体に塗ってお肌を健康的に保つことができます。

白髪や抜け毛対策に有効

ビタミンEとビタミンCが豊富に含まれているので、
白髪になりにくくなる効果が期待できます。
また頭皮に塗ってマッサージすると血行が良くなって抜け毛予防にもなります。

ダイエット効果

オレイン酸は脳の満腹中枢を刺激して満腹感を起こさせ食べ過ぎを予防し、
また中性脂肪をつきにくくするのでダイエット効果も期待できます。

この他にも腸の働きを整えるので便秘解消やインスリンの働きを助けて
体脂肪がつきにくくなる効果もあります。
乳癌のリスクを下げる、また記憶力をアップさせる効果も期待できるそうです。
ですから健康増進にもつながるわけですね。

スポンサーリンク

オリーブオイルの使い方

オリーブオイルは食用として使うほか外用にも使える便利なオイルです。

お料理用

オリーブオイルは一日大さじ1~2を目安に料理用やジュースなどの飲み物に混ぜて飲む、
またパンなどに塗る、ヨーグルトやアイスクリームなどに混ぜて食べるのもいいですね。
サラダ用のドレッシングやマヨネーズに入れるとこくが出ます。

炒め物や揚げ物用の油として使うとカリっと仕上がります。
意外ですが和食の精進揚げにも相性がいいです。
もちろん、パスタやピザに使うと相性は抜群です。

外用として

クレンジングオイルとして使うと汚れを落とし、オレイン酸の保湿力でお肌が潤います。
パック用のオイルとして使うと肌がしっとりツルツルになります。
スキンケアやマッサージ用オイルとしても使えます。
入浴後の乾燥を防ぐにはオリーブオイルが効果的です。
シャンプー前の頭皮のマッサージにオリーブオイルを使うと、
汚れが良く落ちしかも血行を良くして抜け毛予防にもなり髪が、
しっとりしなやかになります。

爪のケア用にも役に立ちます。

オリーブオイルは光や温度、湿度の影響を受けやすいので、
高温や低温また多湿の場所を避け、また直射が当たらない所に保管してください。

オリーブオイルは食用にすると食べ過ぎを予防しダイエット効果がありますが、
そもそもオリーブオイル自体が、大さじ1杯が110カロリーと高カロリーなので
摂り過ぎは逆効果になるので気を付けましょう。

まとめ

オリーブオイルは健康にも美容にも効果があるようです。
毎日のお料理にまたデザートに積極的に取り入れて、生活習慣病を予防し、
お肌や頭皮に塗ってきれいなお肌や髪を保ってアンチチェンジングが出来たら素敵ですね。

スポンサーリンク