テレビ放送記念日とテレビ活用法

今やテレビはどの家にもあって、生活の一部になっていますね。
もうテレビなしの生活なんて考えられないと思う人がほとんどでしょう。
でもこのテレビがどの家にも普及したのはそんなに古くはないのです。
ほんの60年ほど前まではテレビ放送はなかったし、
発売当初テレビは高価でごく一部の人しか買えなかったのです。
それでも1953年2月1日に日本で初めてのテレビ放送が始まりました。
そして2月1日は「テレビ放送記念日」となったのですが、
案外知られていないかもしれませんね。
そこで、この「テレビ放送記念日」とテレビの歴史を調べ、
またテレビの上手な活用法を紹介します。

テレビ放送記念日とテレビの歴史

1953年2月1日に日本で初めてテレビの放送が始まりました。
これを記念して2月1日がテレビ放送記念日になったわけです。

この日の午後2時に東京の内幸町の東京放送会館から初めてのテレビが放送され、
第一声は「JOAK-TV、こちらはNHKテレビジョンであります。」だったそうです。
もちろん当時のテレビは白黒でしたが、
テレビの受信契約はわずかに866台と極めて少なかったようです。

テレビの値段は25万円で非常に高く、
普通の会社員の1年9か月分の給料にも匹敵する金額でした。
またテレビ受信料は月額200円とこれも相当高かったことが分かります。
ですから裕福な家庭しかテレビを買うことが出来なかったので、
テレビのあるお宅には近所の人たちが大勢やってきて見せてもらうことも普通でした。
今ではとても考えられないことですね。

それでも、その後のテレビの普及は目覚ましいものがありました。

1953年8月には日本テレビ、1954年3月にはNHK大阪と名古屋、
1960年4月に東京放送(TBS)が開始されました。

1959年には白黒テレビの普及が200万台を超えました。
これは同年4月に皇太子ご成婚の儀式を見ようと大勢の人がテレビを買ったからだそうです。

1960年にはカラーテレビ放送がスタート

1987年に衛星放送が開始

2000年にはハイビジョン放送が開始

2003年には地上デジタル放送がスタート

2006年にはワンセグサービス開始

2011年にアナログテレビ放送終了

スポンサーリンク

そして今日いつでもどこでもテレビ放送を受信して見られるようになったわけですね。

テレビ活用法

テレビが普及し始めたころは、家庭で子どもたちがテレビばかり見て勉強しなくなるとか、
目が悪くなると心配してテレビを買うのをためらうこともあったそうですが、
テレビ放送開始から60年余りたった今、
それならテレビを買うのは止めましょうという人はいないでしょう。

現在はテレビばかりでなくコンピューターやゲーム、
ユーチューブなど情報はあふれていますから、
それらを上手に活用することの方かずっと重要でしょう。

そこで良いテレビ活用法のヒントとなる実例をご紹介します。

学校で

山村で音楽専門の先生がいない小学校では、
教育テレビの音楽の時間を見て生徒が音楽を勉強しています。
一緒に歌い、楽器の演奏もしてとても楽しそうに勉強していました。

自宅で

英語教室もない地域でテレビ英会話の番組を3年間見続けて
見事に英会話を身につけた高校生がいます。

一人暮らしで

一人暮らしの高齢者がテレビを贈られて見るようになったら、
急に生活に張りが出て、会話が増えたという例もありました。
また若いころは海外旅行が趣味だった老人が出かけられなくなってからは、
テレビの海外紹介番組を楽しみにしているという話も聞きました。

テレビは上手に見れば生活を便利にし、活発にし、
楽しく過ごせるようにする一つの手段であることは間違いないですね。

ただ、小さいお子さんが騒がないようにするために始終テレビを見せて、
いわばテレビに子守をさせているような例もあると聞きますが、
それはちょっと行き過ぎかも知れませんね。

まとめ

現在ほとんどの家にもあるテレビは1953年に放送が始まりました。
放送開始を記念し2月1日はテレビ放送記念日となりました。
最初は、テレビは非常に高価なものでごく一部の人しか見られませんでしたが、
急激に普及し今ではテレビなしの暮らしは考えられないほどになりました。
テレビはたくさんの情報を得られて便利ですが、
これを上手に活用してより楽しい快適な生活に役立てたいものですね。

スポンサーリンク