新米の定義と美味しい食べ方

日本人はやっぱりお米が好きですよね。
特に新米はしっとりとして、お米の粒もキラキラ光ってとても美味しいですね。
秋になると、お米屋さんに「新米」ののぼり旗が出るのを心待ちにしている人も
たくさんいると思います。

ところで「新米」とはいつのお米のことなのでしょうか。

どうすれば新米をより美味しく食べることが出来るのでしょうか、
お米屋さんのアドバイスをいただきながらご紹介しましょう。

新米はいつのお米のことでしょうか

新米とは一般的に9月から10月に採れたお米のことで、
早いところでは8月上旬遅いところでも10月上旬にはお米屋さんに新米が並びます。
その年の気候に左右されるので、毎年いつから新米が売り出されるかは決まっていません。
それでお米屋さんの「新米」ののぼり旗が目安になるわけですね。

新米の定義としてはその年に採れたお米のうち12月31日までに精米されたものを
「新米」と言うので、翌年になっても「新米」として売られていることもあるわけです。

新米を美味しく食べるには

新米を上手に買う

新米をより美味しく食べるには、まず精米日がより近いものを選ぶことが重要です。
店頭に並んでいる物でも、だいぶ前に精米されたものもあるのでよく注意して選びましょう。その点お米屋さんに行けば、見ている前で精米してくれるところか多く、
最も新しい物を買うことができるので安心です。

お得意さんの中には新米が出ると同時に半年分ぐらいのお米を予約し、
必要な分ずつ精米して届けるようにお願いしている人もいるそうです。

いくら新米でもいっぺんに精米してしまうと、時間が経つごとに味が落ちるので、
食べる直前に精米するのがいいのだそうです。

何を選ぶか

新米もブランド米から一般的なお米まで種類はたくさんあります。
それぞれに特徴があるので好みで選びますが、
その年の温度や雨量によりお米の味は一定ではないので、
毎年同じ美味しさを期待するのは無理があるようです。

スポンサーリンク

あるお米好きの人の言うには、新米の時はどのお米も美味しいから、
高いブランド米ではなくてもいい、むしろ翌年になってどのお米も
少し味が落ちてきた時こそ美味しいブランド米を選ぶそうです。

それも一つの選び方でしょう。また新米の時期はまだ気温が高く、
水温も高いので新米を十分美味しく炊くことは難しい、
むしろ気温と水温の下がった冬にお米を炊いた方がよりお米の味を楽しめるので
良いという人もいます。

お米の炊き方

お米屋さんの話では、新米は炊く30分ぐらい前に研いで、
お米と同量の水(つまり、カップ3のお米にカップ3の水)を入れて炊飯器で普通に炊き、
炊き上ったら15分ぐらい蒸らしてから、かき回してから食べると良いとのことです。

さらに料理教室の先生の話では、研いだお米は土鍋に入れて、
最初は強火で沸騰したら弱火にしてじっくり火を通し、
湯気が出なくなったら火を止めて15分ぐらいそのままにしておくのが良いとのことです。

土鍋で炊いたご飯はやはり美味しいですね。

保存法

理想的には新米はできるだけ新鮮で味が落ちないうちに食べ切るのがいいのです。
一般的には、米を保存する場合は冷暗所に米びつに入れて保存しますが、
さらに良い状態で保存したければ、冷蔵庫に入れるのがおすすめです。

お米は密封容器や密封袋に入れて冷蔵庫に入れると、酸化と乾燥が防げるし、
虫に喰われる心配もありません。
以前若夫婦の家に行った時に冷蔵庫にお米の入ったタッパがいくつも入っていたのに
驚きましたが、理にかなった方法だったようです。

まとめ

新米は秋に収穫されて12月までに精米されたお米のことを言います。
やはり新米は水気があってつややかで、味も格別ですね。
精米の日付を確認してより新しいお米を買って、
上手に炊いて美味しいご飯を十分にお楽しみください。

スポンサーリンク