待ち遠しい春一番、でも気を付けたいこともあります

寒い冬には、特に大雪の年は春が待ち遠しいですね。

「春一番が吹きました。」というニュースを聞くと、
ようやく春が来るのだと思って、嬉しくなるかもしれません。

ところで春一番は、春に吹く大風のことだということは誰でも知っていると思いますが、
厳密に言うとこの春一番というのはどんなことか知っている人は
多くはないかもしれませんね。
そこで春一番の厳密な定義とそれに伴い気を付けたいことなどをまとめてみました。

春一番とは?

定義

気象庁の定義によると、「春一番」は

  • 立春(2月4日前後)から春分(3月21日前後)の期間に初めて吹いた強風。
  • 日本海を進む低気圧に向かって、南側の高気圧から10分で平均風速8m以上の南寄りの風が吹くこと
  • 前日より気温が上昇すること

以上の3点がそろった風のことです。

南寄りの風で、温かく湿った強い風が吹くのが特徴なので、
「温かくなった、春だな。」と感じるわけですね。

春一番は全国的なものではなく、関東以南の本州と四国、九州で言われることです。
沖縄や東北、北海道や長野、山梨は気圧や位置や土地の構造が原因で
春一番と言われる風は吹かないのだそうです。これはちょっと意外でしたね。

由来

その昔長崎の沖合で春の強風のために漁船が転覆し、
50人以上の漁師が亡くなる事故が起こりました。

この風のことを漁師たちが「春一」と呼んでいたのが、
事故をきっかけに全国に知られるようになったということです。

春のさきがけとも言える風が事故の原因だったとは残念なことですね。

なぜ吹くのか

冬型の気圧配置が原因です。冬はシベリアから来た高気圧が張り出し、
冷たい風を周囲の低気圧に吹きこみますが、春が近づくと高気圧が弱まり、後退します。
すると日本海周辺で温帯低気圧が発生します。

一方で太平洋上空には常に高気圧があるため、
そこから日本海側に向けて空気が移動することになります。

スポンサーリンク

この空気の流れが春一番と呼ばれる春先の大風なのです。

春一番が吹かないこともある

春分過ぎまで強風が吹かない場合や風向きが北寄りの場合は、
春一番が吹かないということになります。

最近の統計によると春一番は2月20日前後が多く、吹かなかったのは、
ここ60年間ほどのうち10回ほどでした。

春一番が吹いた後にまた同様の風が吹いた場合は春二番、春三番と呼ぶこともあります。

春一番が吹いたら

強風に注意

春が近いと喜ぶのはいいのですが、春一番は強風でもあるので思わぬ事故も起こります。
風速8mとは歩くのが大変なほどの風で、植木鉢がひっくり返る、洗濯物は飛ばされる、
場合によってはベランダに置いたものが飛ばされて落下することもあるぐらいですから
外出にはくれぐれも気を付けましょう。

花粉症対策が必要です

春一番が吹く時期はスギ花粉が飛ぶ時期でもあります。

風が強いと花粉が遠方まで飛ぶので普段以上に花粉対策をして、
家に花粉を持ち込まないように気を付けましょう。

寒の戻り

春一番が吹いた後には、温度の急上昇のために雪崩が起きやすくなるので危険です。
また翌日また冷え込むことがあり「寒の戻り」と言われますが、
溶けた雪が凍って路面が滑りやすくなるので要注意です。

急な温度の変化は体調不良の原因にもなるので、温かくなったと油断せず、
気温に合わせて衣服を調節し、暖房も加減して体調管理に努めましょう。

まとめ

立春から春分までの間に最初に吹く温かい南風を春一番といいます。
春が近くなったしるしでもありますが、強風のために外出しにくい、花粉が飛びやすくなる、寒の戻りで体調を崩しやすいといった気を付けるべきこともあるようです。
春一番の特徴をよく知って、健康に注意し、喜んで春を迎えたいものですね。

スポンサーリンク