ひな祭りの準備ひな人形を飾り御馳走の準備をしよう

ひな祭りと言えば女の子の健やかな成長を願う行事ですが、きれいなひな人形を飾って、
お子さんも着物などを着せてもらうのは嬉しいものですよね。

最近はマンション住まいの人も多くなっているので、
五段飾りや七段飾りのおひな様を飾るのは難しいかもしれませんが、
お人形はやっぱり女の子の憧れですね。

ここでひな祭りの準備の仕方をもう一度おさらいしてみたいと思います。

スポンサーリンク

ひな人形を飾る

ひな人形は災いが起きた時に、人の代わりになって災いを受けてくれると言われています。
またひな人形は立春を過ぎた2月4日から2月中旬の間に飾るのが良いと言われています。

一夜飾りや当日飾りは縁起が悪いとされているので、3月1日までには出して飾っておきたいものです。

女の子にとってはひな人形を出して飾るのも楽しみなことですね。

女の子が生まれて最初のお節句を初節句といい、
おひな様を買うのは母方の祖父母のことが多いですね。

時々マンション住まいで家が狭いのに、
おじいちゃんとおばあちゃんから豪華なおひな様が届いて困ってしまったとか、
父方の祖父母もお祝いをしたいと言ってきたというような困った事例もあるようです。

できればこの時期になる前に、ご両親が娘さん夫婦に希望を聞いてから、
準備してくださるといいのですが、そうでない場合には
「もしひな人形を用意してくださるならば、家が狭くて大きいのは飾れないし、
○○ちゃんが自由に遊べるスペースを残しておいてあげたいので、
小型の物にしてもらえると嬉しいです。」とか
「おひな様は私の両親が用意してくれるらしいのでお祝いの席の準備の方を
お願いできると助かります。」などとやんわりと希望を伝えておくのがいいでしょう。

もちろんパパとママがお子さんのためにお好みの物を買い求めるのもいいでしょう。

ひな人形は早く片付けないといけないと言われるのを聞いたことがある人もいるでしょう。

よく婚期が遅れると言いますが、その理由はひな人形を早く出すと娘を早く嫁に出す、
人形を早く片付けると、娘が早く片付くに通じるから、
また身代わり人形としてのひな人形を早く片付けると災いを遠ざける、
あるいは子どもの躾のために早く片付けることを教えるためという説があります。

厳密に片付けの日にちが決まっているわけではありませんが、
春分の日までには片付けたいですね。

ひな祭りのご馳走の準備

ひな祭りはひな人形を飾って眺めるのも楽しいですが、この日のご馳走も楽しみですよね。

ひな祭りのご馳走やお菓子はこんなものがあるといいですね。

ちらし寿司

定番のちらし寿司は具材に海老やレンコン、豆を入れます。
海老は腰が曲がるまで長生きできるように、レンコンは将来の見通しが良くなるように、
豆は健康でまめに働き、まめに生きられるようにという意味が込められています。

はまぐりのお吸い物

はまぐりのような二枚貝にはお姫様という意味があるので女の子にぴったりです。
また仲睦まじい夫婦を表すので、一生連れ添えるようにという
願いも込められているそうです。

ひなあられ 

三色のあられは、白は大地のエネルギー、赤は生命のエネルギー、
緑は木々のエネルギーを表しているそうで、女の子にそんなエネルギーを取り込ませて、
健やかに成長することを願っているわけです。

菱餅

菱餅も白、赤、緑の菱形のお餅ですが、
白は清浄や純白、赤は魔よけや桃の花、緑は長寿や健康の意味があるそうです。

甘酒や白酒

お祝いには大人は白酒ですが、お子さんは甘酒が適当でしょう

最近は桜餅やイチゴ大福などを食べるご家庭もあるようです。それぞれのお好みで、
ふさわしいお菓子を用意してあげてくださいね。

まとめ

ひな祭りは女の子の健やかな成長を願う年中行事です。早めにひな人形を飾り、
お祝いのちらし寿司やはまぐりのお吸い物、ひなあられ、
菱餅なども準備して家族で和やかにお祝いしたいものですね。