花粉症をよく知って対策を考えよう!症状や原因対策法を紹介します

春になると嬉しい反面、花粉の飛ぶ季節になるので、花粉症の人は憂鬱かもしれませんね。

私は花粉症には縁がないから大丈夫と思っている人でも、
ある時急に花粉症になることもあるので安心ばかりもしていられません。

友人夫婦で奥さんが長年、花粉症で困っていたのですが、旦那さんは「気の毒だね。」
などと軽く言っていたのが、ある年の春急に花粉症を発症し二人で病院通いをすることに
なってしまったという実例がありました。

この誰でもかかる可能性がある花粉症をよく知って、
対策を考えておくのは大切かもしれませんね。

スポンサーリンク

花粉症とは

症状

花粉が飛ぶ季節になるとスギやヒノキなどの花粉が原因で始まる、
くしゃみや鼻水、鼻づまり、などのアレルギー症状を花粉症と言いますが、
日本人は約25%の人が花粉症にかかっていると言われています。

鼻の症状の他に目のかゆみ、充血、涙目もあります。また体がだるい、
熱っぽい、イライラする、喉や顔、首が痒い、そのために集中力が落ちるといった
全身症状が出る場合もあります。

風邪の症状に似ていますが、風邪ならば一週間程度で治るものですが、
花粉症の場合は花粉の時期が終わるまで続き、
水っぽい鼻水が続くことが多いのが特徴です。

原因

体に入ってきた花粉を取り除こうとしてくしゃみ、鼻水、鼻づまり、
目のかゆみや充血、涙目などが起こるわけですが、これはアレルギー反応と呼ばれます。

体に入ってくる花粉は異物とみなされて
、異物に対抗して抗体(lgE抗体と言います)が作られます。

この抗体が蓄積されて、あるレベルに達すると、
次に花粉が入ってきたときにはアレルギー反応を起こす
ヒスタミンなどの化学物質が分泌されるようになり、
花粉症の症状が現れることになります。

ですから、去年まで大丈夫だった人も今年は花粉症になる可能性があるわけですね。

花粉の種類

花粉症の原因としてはスギやヒノキが代表的ですが。その他にカモガヤ、
オオアワガエリ、ススキ、ハンノキ、シラカバ、ブタクサ、
ヨモギ、カナムグラなどもあります。

ですから春先だけでなく一年中花粉症が発症することもあるので、
花粉症に似た症状が続くときには用心した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

花粉症の対策

診察を受ける

花粉症かなと思ったら、耳鼻咽喉科やアレルギー科で診察を受けるのがいいですね。

病院では抗体検査や皮膚反応検査などをして、
本当に花粉症かまた原因は何かを調べ適切な治療をしてくれます。

市販薬を使う

薬局へ行けばたくさんの花粉症の薬が出ています。

アレルギー症状を抑える内服薬やスプレータイプの点鼻薬や目のかゆみや充血を緩和する
点眼薬もありますから、薬剤師さんに相談して、自分に合った薬を選びましょう。

メガネやマスクをする

花粉用のメガネやマスクをして花粉が体の中に入って来るのを防ぎましょう。
マスクは保湿や保温して症状緩和するのにも有効です。

花粉を避ける

外出はなるべく花粉を避けることを心がけましょう。
晴れた日の日中は特に花粉が飛びやすいので、
11時ごろから3時ごろの時間帯には外出を控えるか、
マスクや花粉用のメガネをかけ、
すべすべの衣服を着て花粉がつかないように気を付けましょう。

花粉情報を活用してできれば花粉の多い日を避けて外出することも必要ですね。

室内に花粉を持ち込まない

外から帰ったら、衣服を払い花粉を家に入れないように気を付け、
手や顔を洗い、うがいをすることも大事です。

室内の花粉を減らす

晴れて風の強い日は窓やドアを閉めて花粉が入り込まないようにすることも必要です。
できるだけまめに掃除機をかけ、ソファやカーテンにも掃除機を
かけて花粉を取り除きましょう。

スポンサーリンク

まとめ

花粉症は花粉が原因で起こるアレルギー症状で、誰でも発症する可能性があります。
スギやヒノキ以外にも花粉症の原因となる植物があるので、春先ばかりでなく、
鼻水や目のかゆみが続くときは花粉症かもしれません。

病院で診察を受けるのはもちろんですが、日常生活でも、
花粉の飛ぶ日には外出を控える、メガネやマスクをかける、
家に花粉を持ち込まないなどの工夫をして、
少しでも症状を緩和し快適な生活をしたいものですね。