節分の由来を知って自宅で楽しもう!豆まき、鰯柊、恵方巻それぞれの意味は?

節分と言えば、豆まきですよね。節分の日の夕方近所の元気の良いお父さんが、
周り中に響き渡る声で「鬼は外、福は内、」とやっていたのを覚えています。

現在は近所じゅうに聞こえるような豆まきは少なくなったかもしれませんが、
幼稚園や保育園では鬼に扮した人に豆を投げて盛り上がっているところもあるでしょう。

ところでこの節分ですが、本当の意味や由来は案外知らない人も多いかもしれません。

そこで節分の意味や由来を調べ、節分を家庭で楽しむ方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

節分の由来

「節分」は季節を分けるという意味があり、年に4回あります。

春夏秋冬の始まりの日をそれぞれ「立春」「立夏」「立秋」「立冬」と言いますが、
それぞれの始まる日の前日を「節分」と言います。

一般的に「節分」と呼ばれるのは立春の前の日ですが、2019年は2月3日です。

豆まきと柊鰯と恵方巻き

豆まき

節分の豆まきは中国から伝わった風習で、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じるので、
その鬼を追い払う儀式として文武天皇のころから宮中で行われるようになったようです。

日本には古くから穀物には「邪気を払う力がある」とされていたので、
豆を鬼にぶつけることで邪気を払い無病息災を願うようになったようです。

ですから豆まきは鬼が活動しはじめる夜に行うわけです。

一般的には鬼を家から追い出すために、家の奥から玄関に向かって豆をまきます。

方角で豆まきの順番を決める方法もあり、
鬼が出入りする方である北東から鬼を追い出すために、
南西から始めて、北東を最後にする場合や、最初に北東にまく場合もあるようです。

家庭で豆まきをする場合は家中の戸を開けて「鬼は外、福は内、」と大きな声で言い、
家の外と内に豆をまき、すぐに戸を閉めます。鬼が入ってこないようにするためです。

豆まきをするのは家長の仕事とされ、主にお父さんの役目でしたが
最近はあまりこだわらないようですね。

その年の干支の年男や年女も吉とされています。

豆は大豆が多いですが、落花生をまくところもあります。

最近は拾いやすいように落花生をまくところが多いかもしれませんね。
大豆は必ず炒ってからまきますが、この豆は福豆と言われ、食べると福を取り込み。

一年間健康に過ごせると言われています。食べる豆の数は数え年の数だけと言われています。

小さい子は少なく大人は多くということになりますね。

食べ切れない豆は梅干し、塩昆布、と一緒にお湯を注いで福茶にして飲むのもいいですね。

スポンサーリンク

柊鰯

昔から節分の日には玄関に刺して置いたものですが、
これは臭い物や尖ったものは魔よけの効果があるとされていて、
節分の日には焼いた鰯を柊の小枝にさして戸口に刺して置いたわけです。

鰯の臭いと柊の棘が、鬼が入って来るのを防ぐと考えられていたからです。

鰯の代わりに、ニンニクやラッキョウを使う地域もあるようです。

恵方巻

恵方巻の「恵方」とは、その年の福を司る神様、
歳徳神(としとくじん)がいる方角のことです。

恵方巻は「太巻き寿司」「丸かぶり寿司」とも呼ばれ、
江戸時代から明治にかけて商人が芸遊びをしながら
商売繁盛を願って食べたのが始まりとされています。

恵方を向いて一本丸ごと食べることで無病息災や商売繁盛の運を
一気にいただくという意味になり、途中で止めると運を逃すとも言われます。

2019年の恵方は「東北東」です。

スポンサーリンク

まとめ

節分は昔ながらの風習で季節の変わり目に邪気を払って
無病息災を願ったことが始まりのようです。

豆まきや柊鰯、恵方巻にもそれぞれ意味がありますが、
災いから逃れて幸いを願う庶民の気持ちが込められていたのでしょう。

節分の意味や由来を知って、家族で節分を楽しむのもいいですね。