バレンタインデーの由来と楽しみ方

2月になるとデパートやスーパー、お菓子屋さんにはたくさんのチョコレートが並び、
小学生から大人までプレゼント用のチョコレートを買っていますね。

チョコレートの売り上げはこの時期に跳ね上がり、
何とチョコレートの年間売り上げの10%以上にあたるそうです。

バレンタインデーというのはいつから始まったのでしょうか、
チョコレートを贈るのは世界中どこでも同じなのでしょうか。

気になる疑問にお答えし、バレンタインデーをより楽しく意味深いものに
できたらいいなと思います。

スポンサーリンク

そもそもバレンタインデーとは

3世紀のローマでは皇帝の命令により若者の結婚が禁じられていました。
戦いに行く青年の意志がそがれるからという理由でした。
でも、それを哀れに思ったキリスト教徒のバレンタインは
若者たちを秘かに結婚させていたのですが、
皇帝に気付かれは2月14日に処刑されてしまいました。

恋人たちのために命を落としたバレンタインを記念して
2月14日は恋人たちがギフトやカードを贈り合う日として定着しました。

海外では必ずしもチョコレートだけを贈るのではなく花やケーキを贈ることもあります。

また女性だけが贈るのではなく、男性から女性へ贈り物やカードを届けることもあります。

日本では1950年代に入ってから、製菓会社やデパートで行われた
キャンペーンの広告によって、
バレンタインデーは女性から愛する男性へチョコレートを贈る日として定着したようです。

そして1970年代以降デパートや流通業界も加わり大々的に広まって、
現在に至っているわけですね。

スポンサーリンク

バレンタインデーのお楽しみは

日本では、バレンタインデーには女性からお目当ての男性へ
チョコレートを贈ることが多いようです。この時期には色とりどり、
大きさも小学生でも買える手ごろな値段の物から、
超高級品までありますから、見て歩くだけでも楽しいでしょう。

本命さんに気に入ってもらえたら嬉しいですね。

いわゆる「義理チョコ」と言われる本命以外の
男性にもチョコレートを贈ることもあるようです。

ある職場では男性社員が多いので、
その年に上司であった女性が数人の女性社員と一緒に買い物に行き、
男性社員全員にチョコレートを買ってきて贈ったという話を聞きました。

男性社員が気持ちよく仕事をしてくれるようにとの配慮だそうです。

確かにチョコレートをもらえる人ともらえない人がいたら、
もらえなかった人は気落ちして仕事に身が入らないかもしれませんからね。

お菓子作りが大好きな人ならばデパートの高級品を買うより、
本命さんのために自宅で時間をかけてオリジナルのチョコレートを作って
贈るのはとても楽しいことでしょう。

また最近はお目当てのボーイフレンドがいなくてもなんのその、
仲良しの女友達が集まって、家でチョコレートのお菓子を作りあって
楽しく食べることにしているとか、家庭でママが子ども達と一緒にチョコレート作りをして、子ども達を楽しませ、パパにも素敵なチョコレートを贈っているという例もあるようです。

さらに和菓子屋さんでもハートの形の和菓子やおせんべいを
売り出しているところもあるので、チョコレート以外を贈るのもありかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

バレンタインデーは古代ローマで若い恋人たちのために働いた
バレンタインの殉教の日を記念した日です。

海外では男女が花やケーキそれにチョコレートやカードを贈って
友好を深め合う日のようです。

日本には1950年代に取り入れられ、女性から男性へチョコレートを贈る日となったようです。

日本人は外国の習慣も柔軟に取り入れて、
自分たちに受け入れられる形で応用するのが上手な民族かもしれませんね。

最近は色々な楽しみ方もあるようです。

バレンタインデーは必ずしも女性から男性へチョコレートを贈る日と決めつけないで、
誰もが楽しめる日であったらいいのではないでしょうか。