鏡開きの由来とやり方の紹介美味しい食べ方も紹介します!

お正月に丸いお餅を二つ重ねてみかんをのせて飾るお餅のことを鏡餅と言いますが、
この鏡餅は松の内が過ぎてから、鏡開きに割って食べた記憶がありますね。

最近は鏡餅もパック詰めになっているものが多いので、
鏡開きはあまりやらなくなったかもしれません。

でも丸いお餅をなぜ鏡餅と言うのか、割って食べるのになぜ鏡開きなのか
不思議に思ったことはありませんか、また鏡餅をなぜ木槌などで叩いて割るのか
知っていますか?

スポンサーリンク

鏡開きの意味と由来

由来

神話の世界では、鏡は神様が宿るところとされていました。
天照大神が授けた三種の神器の一つをかたどったものが鏡餅だと言われています。

お正月にやって来る年神様は鏡餅に宿ると言われており、
松の内は鏡餅をお供えするわけです。そして松の内を過ぎてから、
鏡餅を開いてお雑煮やお汁粉にして食べて無病息災を願ったのが始まりです。

鏡開きは江戸時代の初期から行われていたようですが、
年神様にお供えしたお餅を刃物で切るのは縁起が悪いとされ
手や木槌で割ることになったのだそうです。

またさらに「割る」というのも縁起が悪いと思われて、
「開く」という言い方になったようです。

時期

鏡開きは松の内が終わったらとされています。

関東では松の内を1月7日までとするので1月11日に行いますが
関西では15日までを松の内と考えるので、
1月15日または1月20日に行うことが多いようです。

いずれにしても。鏡開きをして、お正月に一区切りをつけて、
その年の仕事始めをするという意味があったのだそうです。

そういえば剣道などをやっている人は新年の道場開きに
鏡開きをしてお汁粉などを食べた人もいるでしょう。

これも稽古始めの意味があったのですね。

スポンサーリンク

鏡開きのやり方と美味しいお餅の食べ方

やり方

鏡開きは1月11日か15日に、年神様にお供えした鏡餅を下げて
食べるのが日本の風習ですが、神様にお供えしたものに
刃物を向けるのはとても失礼なこととされているので、
包丁やナイフは使わずに手や木槌で割るのが良いとされています。

ですから鏡開きの他に鏡割りとも言われるわけです。

食べ方

お供えにしておいた鏡餅は相当固くなっていることが多いので、
ボールに水を入れてお餅を一晩浸して柔らかくなってから食べるのがいいです。

すぐに食べる場合は、電子レンジで加熱します。

お餅を水につけて、レンジで20秒~30秒加熱すれば柔らかくなります。

一度に加熱するとお餅が溶けてしまうことがあるので。

何回かに分けて加熱してちょうど良い柔らかさにするのがコツです。

お汁粉にする

鏡餅をしっかり茹でて、つきたてのような状態にして、
ゆで小豆(缶詰でも可)に水を加えて煮た中に入れれば出来上がり。

甘党の人にはおすすめです。

きな粉餅にする

耐熱容器にお餅と水少々を入れてレンジで柔らかくしたお餅に、
きな粉と同量の砂糖と塩少々を混ぜてまぶして食べるのもなかなか美味しいですね。

お雑煮にする

甘いものは苦手という人のためには、普通のお餅同様に
レンジで柔らかくしてお餅を、具を入れたお汁で煮れば

お雑煮になります。
味噌汁に入れてお雑煮風味噌汁も手軽にできていいですね。

おかきにする

鏡餅を小さく割って、低温の油でゆっくり揚げて、
油を切ってから塩少々をまぶせば美味しいおかきになります。

お子さんのおやつにぴったりですね。

スポンサーリンク

まとめ

鏡開きは1月11日か15日に、お正月にお供えしていた鏡餅を下げて、
みんなで食べて無病息災を願う年中行事です。

刃物を使わずに手や木槌で割るのがいいとされます。

割ったお餅は水に浸したり、レンジで柔らかくして、
お汁粉やお雑煮、きな粉餅やおかきにして美味しくいただきましょう。

この日からはしっかりと仕事を始めるという意味もあったそうですから、
現代人もお正月モードから、日常モードに切り替える
ちょうど良い機会とするのがいいかもしれませんね。