年越しそばの由来と美味しい食べ方

大晦日の12月31日に年越しそばを食べる家は多いと思います。
以前は自分の家でそば打ちをして、
出来たてのおそばを隣の家まで届けてくれた人もいました。

最近はそこまでする人は少ないと思いますが、
年越しそばがないと寂しいと感じる人は多いでしょう。

でも年越しそばの由来や意味をきちんと知っている人は少ないかもしれません。

そこで年越しそばの由来と美味しい食べ方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

年越しそばの由来

年越しそばの由来
大晦日に年越しそばを食べるようになったのは江戸時代からのようです。
そばは長く伸ばして細長く切って食べるので、
「健康長寿」や「家運長命」などの縁起担ぎをしたのが起源だそうです。

またそばは他の麺類より切れやすいので、
「今年一年の災厄を断ち切る」という意味もあるようです。

金銀細工師が散らかった金や銀を、そば粉を使って集めてことから
「金運が上がるように」いとう意味があったとも言われています。

またそばは風雨にさらされても、日を浴びると元気になることから、
そばを食べて「来年も無病息災でありますように」という願いを込めたとも言われます。

なかなか深い意味があったのですね。

いつ食べるか

一般的には、年越しそばを31日の昼や夜また夜食として食べますが、
年内にあった苦労や災厄を断ち切って新年に持ち越さないという意味では、
年越しそばは12月31日のうちに食べ終わるようにするのが良いようですね。

でも地方によっては31日以外の日におそばを食べるところもあります。
例えば
新潟県では31日はとしやと言って、お正月のお料理を盛大に食べる習慣があります。

したがっておそばを食べるのは元日や小正月の1月14日になるそうです。

福島県会津地方では元日に年越しそばを食べるようです。

スポンサーリンク

美味しい食べ方

年越しそばは地方によって食べ方も違っているようです。

福井県では大根おろしで伸ばした汁で食べます、
沖縄では小麦粉で作る麺で「沖縄そば」を食べるようです。

香川県では「うどん」、盛岡では「わんこそば」。

北海道と京都では「にしんそば」が一般的です。

それぞれの地方独特の美味しい食べ方はありますが、
現代人はそれほどこだわりがない人も多いので、自分なりに、
また家族の好みに合わせて美味しく食べるのがいいでしょう。

美味しいおそばの例をいくつかご紹介します。

そばつゆの作り方
本格的なそばつゆは鰹節と昆布だしで作ります
水400㏄に昆布約10㎝を入れて20分ひたす。
鍋を火にかけて沸騰する直前に昆布を取り出す。
鰹節10gを入れひと煮立ちしたら火からおろして、こす。
再び煮立てて、醤油100㏄と煮きりみりん50㏄と砂糖大さじ2を加えて煮立たせて火を止めて出来上がりです。

鰹節は直前にかいたものが最高ですが、なければ削り節でも構いません。
さらに急ぎの場合化学調味料でも代用できます。

てんぷらそば(4人分)
定番のてんぷらそばですが、エビのてんぷらは自宅で揚げれば一番おいしいですが、
家族が少ない場合は市販の物でもいいでしょう。
その他の材料 長ネギ1/2 そば4玉
作り方
鍋にたっぷりのお湯を沸かしてそばを茹でて、水気を切る。
器にそばつゆをよそい、ゆでたそばを入れる。
ネギの千切りをのせエビのてんぷらをのせれば完成です。

おろしそば(4人分)
材料
ホタテ貝4個、大根おろし1カップ ネギ1/2 
カイワレ大根1パックそば4玉
作り方
ホタテ貝は厚みを半分に切り、衣をつけて油で揚げててんぷらにする
カイワレ大根は根元を切り落とす
ネギは小口から薄く刻み、布巾に包んで水で洗ってさらしネギにする
そばをたっぷりのお湯でゆでる。
器にそばを盛り、てんぷらをのせる。
水気をきった大根おろしとカイワレ大根を添える
冷やしたそばつゆをよそい、さらしネギをのせると出来上がり。

鶏だしそば(4人分)
材料
そば4玉 鶏モモ肉1枚 長ネギ1/2 鶏ガラスープ40㏄
作り方
鶏肉は一口大に切る、ネギは1㎝の斜め薄切り
そばを茹でる
鶏ガラスープを煮立てて、鶏肉を加える、
肉に火が通ったらネギを加えてひと煮立ちさせる。
器にそばを盛り、鶏肉とねぎをのせ、そばつゆをかけて仕上げる。

その他にもたくさん種類がありますから、家族の好みでアレンジしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

年越しそばは江戸時代から、健康長寿や家運長命を願って
大晦日に食べるようになったようです。

最近はあまりこだわらない人もいるようですが、
1年の最後の日に家族揃って美味しいおそばを味わうのもまた楽しいですね。