冬休みに入った子供と楽しく過ごすオススメな方法

冬休みになるとお子さんたちは、何して遊ぼうかとウキウキ、
お正月には親戚のお子さんも来る家もあるでしょう。

寒いので外遊びは無理かもしれないし、毎日お出かけというわけにもいきませんね。

テレビやユーチューブばかり見させておくのもどうかと思いますよね。

そこで冬休み中に子供たちと楽しく過ごすオススメな方法をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

工作

小麦粘土
家庭にある小麦粉100gに塩大さじ2、油大さじ3、水大さじ2を入れてよく混ぜれば出来上がりです。

小さいお子さんならば、食紅で着色するのがおすすめですが、
少し大きいお子さんならば絵具で着色するのもいいです。

ちぎったり、丸めたり、形を作るだけでも楽しいです。

魚や野菜などたくさん作ってお店屋さんごっこをしたり、
動物をたくさん作って動物園にするのもいいでしょう。

残った粘土は冷蔵庫に入れれば1週間ぐらいは保存できるので数回繰り返して遊べます。

料理

女の子ばかりでなく、男の子でもクッキーづくりやサンドイッチやチャーハンなどの
軽食づくりは案外楽しく出来そうです。

例えば、クッキーならば、本格的なバターに小麦粉、卵といった材料をそろえなくても、
ホットケーキの素と牛乳があれば簡単に作れます。

クッキーの作り方

ホットケーキミックスに牛乳を少しずつ混ぜて、
粘土ぐらいの柔らかさになるまでよく混ぜます。(あまり柔らかすぎないことが大切です)

小さくちぎったままならドロップクッキー

丸めればボール型クッキー、ドーナツや動物や野菜の形も面白いでしょう。

ちょっと大きいお子さんならば型抜きをするのもいいですね。

それぞれ思い思いの形を作ります。

さらにトッピングに、アーモンドやごま、アザランなどをつけるとなお楽しいです。

鉄板にオーブンシートをしいてクッキーの種を並べ
160~180度に予熱したオーブンで10分から15分焼いて、
茶色に焦げ色がつけば出来上がりです。
少しさましてすぐにいただきます。

ワイワイ作って、美味しく食べてみんな大満足です。

スポンサーリンク

新聞遊び

幼稚園から小学校低学年ぐらいのお子さんなら、
新聞紙を使って室内でもいろいろな遊びができます。

隠れ家づくり

新聞紙を机やいすに貼り付けて、家のようにしてお子さん専用の隠れ家を作って、
入ったり出たり、隠れたりこれがまた楽しいのです。

侍ごっこ
新聞紙で兜を作り、一枚の新聞に丸い穴をあけてかぶれば鎧、丸めて剣を作れば侍のできあがり。
当たっても痛くない剣でチャンバラごっこは盛り上がります。

玉入れ

新聞紙を切って丸めればボールができます。段ボール箱を用意して、
みんなで玉入れ、小さい子には近いところから、
大きい子には遠いところから投げるようにすれば一緒に楽しめます。

雪遊び

残った新聞紙を小さくちぎって投げ上げると雪のようで、
これが、案外人気があります。たくさん降らせて、その上に寝転んだり、
また拾って投げ上げるとそれだけでも楽しめます。

最後はちぎった新聞紙を拾ってビニール袋に入れて片付ければ部屋も汚れません。

さいころやバンカースなどのゲーム

小学生以上ならさいころやバンカースなどのゲームもいいですね。
テレビゲームと違って大勢仲間がいると盛り上がり、大人も一緒にできるので、大いに楽しめます。

さいころは単純ですが、いつもはやらない遊びなので案外人気があります。

トランプやドミノなどのカードゲームも場所を取らず、
こたつの上でもできるので冬の遊びとしてはいいですね。

スポンサーリンク

まとめ

冬休みこそ親子でゆっくり室内遊びを楽しみましょう。

小麦粘土で工作したり、クッキー作りをしてみんなで食べるのもいいですね。

小さいお子さんならば新聞紙で遊ぶのも楽しいです。

少し大きいお子さんならばカードゲームやすごろくやバンカースなど大勢で楽しめる遊びも面白そうです。

みんなで出来る楽しい遊びを考えて冬休みを有意義に過ごしたいですね。